誰でも出来ます! 自分で作る芝生の庭!

福島の復興を応援しよう
当サイトは福島の復興を応援しています。
芝生の庭 > 芝生を張る > どの芝生を使うか?
どの芝生を使うか?
芝生にも用途や景観などで様々な芝生の種類が存在します。芝生の種類については、別ページにて解説していますので、そちらを参考にしてください。

初めて芝生の庭を作ろうと考えている方には、やはり、日本の風土にあった高麗芝姫高麗芝などの暖地型芝生をオススメします。暖地型芝生(夏芝)は、日本の気候に合っているため、日本中のほとんどの地域で使うことが出来ます。やはり最初に芝生の庭を手作りする場合には、比較的管理も容易な夏芝が最適です。姫高麗芝などは、しっかりお手入れをすれば、景観も非常に良く、お庭用の芝生としても人気が有ります。しっかり刈り込めば、庭でパット練習が出来るようになりますよ!一般的に暖地型芝生は、張芝(マット状)で芝生を作ります。

寒い地方で用いられる、ベントグラスなどの寒地型芝生は、育成や管理にそれなりの知識とマメな管理が必要となってくるため、初心者の方にはあまりオススメできません。寒地型芝生は種から芝生を作るのが一般的です。最初の段階から管理まで、暖地型芝生よりも手間と費用がかかります。しかし、景観は非常に良く、芝生の張替えなどの際に、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
まず準備から 芝生の購入のポイント芝生の張り方、芝生を張った後については、別ページにて解説しています。