誰でも出来ます! 自分で作る芝生の庭!

福島の復興を応援しよう
当サイトは福島の復興を応援しています。
芝生の庭 > 芝生の種類 > 暖地型芝生
暖地型芝生
高温多湿に適応した芝生を暖地型芝生といいます。
日本芝は、この暖地型芝生に分類されます。
生育に適した温度は、23〜35度程度で、23度以下になる冬季には、休眠します。
別名、夏芝や夏型芝とも呼ばれます。
西洋芝では、バミューダグラス類が暖地型芝生に分類されます。バミューダグラス類の中では、ティフトン419と呼ばれる品種が有名です。
暖地型芝生(日本芝やティフトンなど)は寒地型芝生(ブルーグラスやベントグラスなど)に比べ病気になりにくいので、芝生の入門としては、こちらのほうが管理がしやすくオススメです。
暖地型芝生の種類
野芝 シバ類(シバ属 Zoysia) 暖地型芝生
チバラフワン シバ類(シバ属 Zoysia) 暖地型芝生
高麗芝 シバ類(シバ属 Zoysia) 暖地型芝生
TM9 シバ類(シバ属 Zoysia) 暖地型芝生
姫高麗芝 シバ類(シバ属 Zoysia) 暖地型芝生
広葉高麗芝 シバ類(シバ属 Zoysia) 暖地型芝生
ティフトン バミューダグラス類(ギョウギシバ属 Cynodon) 暖地型芝生